ダウンロード

NMEA Monitor for windows Ver 3.29
NMEA_329.zip (1,405,347 bytes)
Upload: Oct. 18, 2017
MD5: 3e4fc3f7778e675133e5bceadcafc45f

What New
1. Hint表示の BDGSA,BDGSV を GBGSA,GBGSV に変更した。
2. 設定ファイルのu-blox GPSコマンドを整理した。
3. ウイルス誤検出対策を行った。
NMEA Monitor for windows Ver 3.28
1. NMEAセンテンス中断から表示クリアまでの遅延時間を設定ファイルで指定できるようにした。
2. フォーム印刷時のマージン無しのエンバグを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.27
1. 除外センテンスに指定されたセンテンスの場合は 'Not supported sentence' を表示しなくした。
2. ウイルス誤検出対策を強化した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.26
1. ウイルス誤検出対策を行った。
NMEA Monitor for windows Ver 3.25
1. 設定ファイルの内容によって起動時に異常終了するバグを修正した
   ([ComPort]セクションの記述が "Port1=LocAPIn" で "LogToRS=1" かつ "Port0" が存在しないポートの場合)。
2. LocAPIの読み取りタイマーにマルチメディア・タイマーを使用した(インターバルを10mSに変更)。
NMEA Monitor for windows Ver 3.24
1. タスクバーアイコンへのプログレス表示を追加した(Windows 7以降)。
2. コンパイラを Delphi 10.2 Starter に変更した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.23
1. 下記のNMEAシーケンスをサポートした。
     GNGSA-GNGSA-GNGSA
     GLGSA-GLGSA-GLGSA
2. ログ再生時のスタートセンテンスを自動検出するようにした。
3. u-blox LEA-M8F のコマンドを強化した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.22
1. Locatio API使用時にGPS時刻が変化しなくても約5秒毎に表示を更新するようにした。
2. Locatio APIの使用開始から測位するまでの間の操作レスポンスを改善した。
3. GPS非測位時のタスクバー表示を感嘆符オーバーレイ表示に変更した(Windows 7 以降)。
NMEA Monitor for windows Ver 3.21
1. オプション設定の通信ポートでTCP/IPを選択したときの不正表示を修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.20
1. Location API使用時にGPS時刻の変化で表示を更新するようにした(オプション設定の「周期」を廃止)。
2. Location API使用時の時刻修正を可能にした(GPSとLocation APIが非同期なので修正誤差は±0.5秒以下に出来ない)。
3. Location API使用時のNMEA時刻表示を1ミリ秒単位にした。
NMEA Monitor for windows Ver 3.19
1. GSVセンテンスの仰角、方位角、SN比に小数点が含まれている場合でも天空図とバーグラフを表示可能にした。
NMEA Monitor for windows Ver 3.18
1. オプション設定のローカルタイムグループボックスのZオーダーを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.17
1. Loation API 接続時にNMEAセンテンスをRS-232Cに出力可能にした。
    NMEA入力の地図アプリケーション等にWindows内蔵GPSを使用できる(仮想シリアルポートと併用する)。
2. Location APIからRS-232CへのNMEA出力でGSAとGSVをGPGSAとGPGSVのみの出力を可能にした。
3. Location APIからRS-232CへのNMEA出力でGSVセンテンスをGPGSVとGLGSVに変更した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.16
1. Location API 接続時の表示にGSAとGSVセンテンスを追加した(TCustomSensor.CustomDataから詳細データを取得)
    お願い:GSAセンテンスの表示が不正な場合は是非お知らせください。
    使用衛星のデータ書式が製造元によって異なるようです(Broadcomとu-bloxのみ確認済)。
NMEA Monitor for windows Ver 3.15
1. Location APIのシリアル番号割付を改善した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.14
1. 複数のLocation APIを選択可能にした。
2. SignalIDの表示を強化した。
3. コンパイラを Delphi 10.1 Berlin に変更した。
4. ドキュメントの文字コードをUTF-8に変更した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.13
1. GLGSVセンテンスの表示で衛星番号にステイタスが表示されるバグを修正した
   (NMEA V4.1 でメッセージ番号が1の場合のみ)。
NMEA Monitor for windows Ver 3.12
1. NMEA 0183 V4.1 を正式サポートした(RMC, GNS, GSA, GSV)。
    レポート文字列は設定ファイルで指定できる(最大6項目まで可)。
2. NMEA 0183 V4.1, 4.0, 2.3, 2.1の切替コマンドを追加した(u-blox LEA-M8F, LEA-M8T)。
3. 英文字フォントのデフォルトを Tahoma に変更した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.11
1. NMEA v4.1ステイタスの簡易表示をサポートした(RMC, GNS, GSA, GSV)。
2. MTKバイナリーの誤検出を低減した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.10
1. GPHDG, GPHDM, GPHDT センテンスをサポートした。
NMEA Monitor for windows Ver 3.09
1. NMEAログに受信タイミング誤差を含める機能を追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.08
1. QZGSAセンテンスをサポートした。
2. NMEAシーケンスGPGSA-GNGSA-GNGSAに対応した。
3. NMEAシーケンスGPGSA-GLGSA-GLGSAに対応した。
4. 共存センテンスの選択メニューを3項目から5項目に増強した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.07
1. Fix後に無信号のポートをオープンした場合に非測位アイコンにならないバグを修正した。
2. ポート番号変更時の表示更新を改善した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.06
1. シリアルポート選択時にFriendlyNameを表示するようにした。
2. Lcation APIの許可/禁止用レジストリ設定ファイルを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.05
1. LocationAPIがNMEA文を返さない場合は時刻をLocationAPIから取得するようにした。
   注)非測位時の間は時刻が更新されない。
NMEA Monitor for windows Ver 3.04
1. Location APIモードを強化した。
   1) Location APIがNMEA文を返さない場合は、緯度、経度、高度等からNMEA文を生成するようにした。
   2) Location APIを使用している場合は時刻同期を禁止した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.03
1. 不正なNMEAセンテンスをエラー表示しないバグを修正した(先頭が欠落したNMEAセンテンスなど)。
NMEA Monitor for windows Ver 3.02
1. ロケールによっては日付表示が不正になるバグを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 3.00
1. 時刻"23:59:60"がエラーになるバグを修正した。
   "23:59:60"の処理方法を設定ファイルで指定できるようにした。
2. ポート番号コンボボックスのドロップダウン操作で有効ポートリストを更新するようにした。
3. 設定ファイルの文字コードをUnicodeに変更した(NMEA_Jp.ini と NMEA_Eng.ini)。
    注)既存の NMEA.ini の文字コードは変化しません。
4. コンパイラを Delphi XE8 に変更した。
NMEA Monitor for windows Ver 2.07
NMEA_207.zip (612,412 bytes)
Update: May. 20, 2015
MD5:6987159861127395bfb6389c7d92d2e9

What New
1. $GNGNSに加えて$GPGNS,$GLGNS,$GBGNSセンテンスにも対応した。
2. $GPGSTに加えて$GNGST,$GLGSTセンテンスにも対応した。
    ドキュメントのURLを修正した(2016/6/14)。
NMEA Monitor for windows Ver 2.06
1. /Tコマンドラインオプション使用時にもGPSとPCに30分以上の時刻差が有る場合には
    確認ダイアログを表示するようにした。
2. NMEAセンテンスの項目数の不足を警告するようにした。
3. ログ再生関連のエンバグを修正した。
4. マニュアル加筆。
NMEA Monitor for windows Ver 2.05
1. コンボボックスのドロップリストに登録するセンテンスの文字数制限を追加した。
    設定ファイルNMEA.iniで指定できる。
NMEA Monitor for windows Ver 2.04
1. RS-232Cポートスキャンに自動接続機能を追加した。
2. 指定した時間間隔で時刻修正を行うコマンドラインオプションを追加した。
3. 開始センテンスのドロップダウンリストに受信済のセンテンスを表示するようにした。
NMEA Monitor for windows Ver 2.03
1. ポートスキャンでボーレートをスキャンしないエンバグを修正した。
2. ポートスキャンで実在しないポートをスキャンしないようにした。
NMEA Monitor for windows Ver 2.02
1.「GPSコマンド/レポート」フォームの「選択センテンスの表示」でコンボボックスの
   NMEAセンテンスリストを受信済のセンテンスのみにした。
   設定ファイルNMEA.iniの変更で従来の表示にできる。
2. ログ再生時に受信データが混入するバグを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 2.01
1. NMEAセンテンス中の文字(0x7F~0xFF)も指定文字に置換して表示するようにした。
2. 低速PC対策を強化した。
NMEA Monitor for windows Ver 2.00
1. "NMEA_Jp.ini" に u-blox LEA-M8T 用のコマンドを追加した。
2. 緯度経度を dd.dddddd 形式で表示出来るようにした。
3. 低速PCの場合はRMCとGGA以外のセンテンス表示を間引いて追従するようにした。
4. "NMEA_Jp.ini" の英語デフォルトフォントを MS Gothic に変更した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.99
1.「GPSコマンド/レポート」フォームのoffボタンに直前の項目に戻る機能を追加した。
2.「GPSコマンド/レポート」フォーム最下部グループボックスのタイトルを通信モードで変更する。
3. TCP/IPの受信エラーを低減した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.98
1. TCP/IPクライアント機能を追加した。
2. GPSコマンド/レポートフォームにセンテンス選択オフボタンを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.97
1. 非サポートのNMEAセンテンスが表示されないエンバグを修正した。
2. バイナリーセンテンス検出のオーバーヘッドを削減した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.96
1. バイナリーセンテンス混在時にレポート表示が不正になるバグを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.95
1. ublox LEA-M8F, NEO-M8N をサポートした。
   NMEA.iniを削除してから起動するか、NMEA_Jp.iniから必要な部分を NMEA.iniにコピーしてください。
2. NMEAセンテンス $GBxxx をサポートした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.94
1. 緯度経度の DD°MM'SS.SSS" 形式の小数点以下の表示桁数を可変にした
   (NMEAセンテンスの桁数に応じて3~6桁の可変表示)。
2. 緯度経度の S,N,E,W の表示位置を末尾に統一した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.93
1.「サポート外センテンスと選択センテンスの表示」を拡張。
    表示オフ, SiRF-Binary のみ, UBX-Binary のみ, MTK-Binary のみ を追加した。
2. ボーレートに 230400bps と 460800bps を追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.92
1. ハングアップを防止するために SaveDialogを旧タイプに変更した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.91
1. 日本語版と英語版のパッケージを統合した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.90
1. 平均値表示の経過時間が3時間17分14秒を超えるとマイナス表示になるエンバグを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.89
1. Galileoセンテンスをサポートした。
2. GSAまたはGSVセンテンスを多種受信した場合は、表示するセンテンスを選択できる
   (GPSを除く)。
3. GSVセンテンスを6センテンスまで表示出来るようにした(GPS以外にも拡張)。
4. GNGNSセンテンスで2文字以上のMode Indicatorに対応した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.88
1. GGA, RMC, GNSセンテンスのパラメータ数が不足する場合は平均化に使用しない様にした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.87
1. BDSセンテンスを受信した場合にローカルタイムの年を不正表示するバグを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.86
1. BDS(BeiDou Navigation Satellite System)センテンスをサポートした。
    BDGGA, BDRMC, BDVTG, BDGSA, BDGSV, BDGLL, BDZDA。
2. GNS 2000, Gms-b6のコマンドを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.85
1. GPS+GLONASS対応のGPSでGSAシーケンスがGPGSA+GNGSAの場合の表示不具合を修正。
NMEA Monitor for windows Ver 1.84
1. NMEAコマンド送信時の無駄な設定ファイルの更新を行わないようにした。
2. LEA-6TのGPGSTセンテンスをサポートした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.83
1. NMEAコマンド中のスペースを削除しないようにした(先頭と末尾のスペースのみ削除する)。
2. NMEAコマンド中にアスタリスク「*」を記述できるようにした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.82
1. UBXバイナリーコマンドでペイロード長がゼロの場合のチェックサム付加のバグを修正した。
2. ログファイルの拡張子名に .ubx を追加した。
3. NMEA.ini に u-blox LEA-6T用のコマンドを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.81
1. ログファイルの読込みをBlockRead手続に変更した
   (行末が Cr または Lf のみで、かつNullを含むテキストに対応した)。
2. テキストの読込のパーセント表示を追加した(ESCキーで読込を中止する)。
3. バイナリコード表示のバグを修正した(SiRF, MTK, UBX)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.80
1. オプション設定フォームに同一時刻アラームのチェックボックスを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.79
1. UTC間隔変動(RMC)警告の上限値を拡大した(1分→10分)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.78
1. ディスプレイのDPIを変更した場合にレイアウトが崩れないようにした
   (フォントサイズの調整は必要)。
2. GPS Command/Reportフォームで捕捉時間テキストをクリックしてもチェックボックスが
   現れないバグを修正。
NMEA Monitor for windows Ver 1.77
1. RMCセンテンスの年月日が欠落している場合は時刻を更新しないようにした。
2. RS-232Cの自動再接続時に平均値とレポートをクリアしないようにした。
   RS-232Cを自動再接続した場合にはレポートを表示するようにした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.76
1. 「GPSコマンド/レポート」フォームでNMEAの制御文字をアンダースコア( _ )に変換して
    表示するようにした(置換文字は設定ファイルで指定できる)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.75
1. NMEAセンテンス前後の制御文字(NULL=0x00など)を無視するオプションを追加した。
2. RMCセンテンスの同一時刻と時刻逆転に対するアラーム表示を追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.74
1. チェックサム以降に文字列が有っても無視するようにした。
2. GPS機種を変更したときGPSコマンド/レポートフォームのGPSコマンド送信テキストをクリアする。
3. GPGSVの衛星番号が1桁の場合にSNRバーグラフが黒色にならないバグを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.73
1. RMC先行を指定した場合に平均回数が2倍になるバグを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.72
1. ログ再生データをシリアルポートに出力中の下記のバグを修正した。
    最大化アイコンをクリックした後にGPGSVストリンググリッドのカラム数が復帰しない。
    最小化アイコンをクリックした後に「ファイル」→「再生停止」でメインメニューが復帰しない。
NMEA Monitor for windows Ver 1.71
1. GPGSVセンテンスの最大5センテンスまでの繰り返しに対応した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.70
1. QZQSAセンテンスの3Dモード判定のバグ修正。
2. 平均値表示フォームのHDOP制限値を保持するようにした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.69
1. 経度が±180度を跨いだ場合の平均値表示の不具合を修正した。
2. スタートセンテンスのドロップリストをGGA,RMC,GNSに限定した(設定ファイルで変更できる)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.68
1. 送信コマンド文字列をモニタ表示出来るようにした。
2. Gms-g6aのコマンドを修正、Gms-g9 を別名登録した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.67
1. GNGNSセンテンスの DGPS ageと DGPS ID をヒント表示で表示するようにした。
2. 設定ファイルを修正した
NMEA Monitor for windows Ver 1.66
1. 天空図とバーグラフがクリアされないバグを修正。
NMEA Monitor for windows Ver 1.65
1. GLONASSとQZSSに対応した。
2. MTKバイナリーコマンドのチェックサム付加機能を追加。
NMEA Monitor for windows Ver 1.64
1. Windows 7 の進行中プログレスバーが表示されなくなる不具合を修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.63
1. Windows 7 のタスクバーボタンに測位状態を表示するようにした。
   非測位時は進行中プログレスバーを表示する(Indeterminate: progress a bar flickers )。
NMEA Monitor for windows Ver 1.62
1. キロの表示を小文字に、S/N比 を SN比 に直した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.61
1. /S コマンドラインオプションを追加した(起動後にフォームを最小化する)。
2. /W オプションのログ保存フォルダを NMEA.ini の [Option]セクションの WriteDir で
   指定できるようにした(「ファイル」→「記録開始」操作で更新される)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.60
1. ログファイルの拡張子名に .nma を追加した(設定ファイルで変更可能)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.59
1. 自動ログ記録開始コマンドラインオプションを追加した。
2. 起動時と終了時に任意のGPSコマンドを送出するコマンドラインオプションを追加した。
3. 自動終了するコマンドラインオプションを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.58
1. 設定ファイルにNMEAセンテンス中のスペースを無視するオプションを追加した。
2. コンボボックスのオートコンプリートを廃止した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.57
1. MTKチップセットの $PMTKCHN センテンスの表示に対応した。
2. 設定ファイルに$PMTLCHNセンテンスの出力コマンドを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.56
1. USB接続などの仮想ポート使用時でもセンテンスの受信状況を見易くするため、
   センテンス・ラベルの反転表示時間を引き延ばした。
2. ダイアログボックスを各フォームの中央に表示するようにした。
3. アイコンを変更した。
4. Wintec WSG-1000 のコマンドを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.55
1. Wintec WSG-1000 の $IISMDセンテンスの表示に対応した。
2. コンパイラのランタイムテーマを無効にした。
   Windows Vista で Windows XP 互換モードをセットしない場合でもインストールされた
   シリアルポートを検出できる(アクティブでないポートも含まれる)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.54
1. 設定ファイルのメインフォームへのドラッグ&ドロップを有効にした。
2. 「GPSコマンド/レポート」フォームのMemoコンポの文字数を文字数で制限するようにした
   (行数ではなく)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.53
1. 南緯と西経の平均値表示を修正した(負号が余分に表示されていた)。
NMEA Monitor for windows Ver 1.52
1. 設定ファイルが書込み禁止フォルダに有る場合の対策を追加した。
2. 設定ファイルにHOLUX M-241を追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.51
0. WAAS変更に伴いマニュアル、設定ファイルを修正した (Oct. 12)。
1. 通信中にUSBケーブルを引き抜いた場合の不具合を軽減した。
2. その他細部の修正
NMEA Monitor 設定ファイル
1. i-Blue747, BT-Q1000 の 5Hz記録コマンドを追加(非公認)。
2. HOLUX M-1000 のコマンドを追加。
3. i-Blue747, BT-Q1000 の ミリ秒記録コマンドを追加。
NMEA Monitor for windows Ver 1.50
1. シリアルポート・サーチの待ち時間を指定できるようにした(デフォルト3秒/ポート)。
2. シリアルポート・サーチの再試行ボタンを追加した。
3. ポート・クローズ時のスレッド処理を修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.49
1. コンパイラを Delphi 2007 (Delphi for Win32) に変更した。
2. 行の区切りが改行(LF)のみの文をサポートした(WBT-201のログモードに対応)。
3. GPSコマンドのコメント部で実行確認を指定できるようにした
   (「\\」と「\\」で囲む文字列を表示する)。
4. 非測位時はタスクバー・アイコンの背景を黄色で表示するようにした。
5. WBT-201 のGPSコマンドを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.48+
1. i-Blue737 and i-Blue747 のGPSコマンドを追加した。
2. WBT-200 の NMEA 5Hz 周期出力のコマンドを追加した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.48
1. ZDAセンテンスの日付処理を修正した。
2. RMC, ZDAセンテンスの日付セパレータをロケールに従わせた。
3. 基準ロケールを日本から米国に変更した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.47
1. RMCとZDAセンテンスの日付書式がOSロケールに従ってなかったのを修正した。
NMEA Monitor for windows Ver 1.46
1. RMCセンテンスの UTC日付が不正のとき警告表示を行うようにした。
2. 信号レベルのバーグラフをXORで表示する。
3. 日本語、英語以外のロケールでも正常動作するようにした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.45
1. センテンス中断時にPCとの時刻差の最小値がブランクになるのを防止した。
2. 各フォームのサイズを自動調整するようにした(クライアント・サイズを固定)。
3. レジストリの読込が出来ない場合はシリアルポート COM1~20をスキャンするようにした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.44
1. 初回起動時にOSが日本語モードなら言語モードを日本語に設定するようにした。
2. HDG, HDM, HDT センテンスを表示可能とした。
3. 英文等幅フォント Courier New に対応するため、表示領域を拡大した。
4. 2drmsの計算方式を変更し、標高の2drmsも表示するようにした。
NMEA Monitor for windows Ver 1.43
1. 天空図とSNRバーグラフのフォントをオプション設定に従うようにした。
2. 非測位時のバーグラフを黄色で表示するようにした。
3. シリアルポートの探索範囲を99までに拡張した。
4. 英語モードの場合も緯度経度の度記号"°"を表示するようにした。
5. WBT-200 のファームウェア Ver.3.31.6090 R4 をサポートした。
6 平均値の原点表示にフォント設定を有効にした。
7. ログファイルのデフォルト拡張子名を .nmea に変更した。

Home